キャベツや白菜などのアブラナ科野菜に対して使用できる農薬

野菜に使われる農薬は,数多くある種類の中から良い農薬を選ぶのも簡単なことではないです。

ホームセンターなどに置いてあって,名前を聞いたことがある,勧められたからといって,

それが今の生活に最も適しているとは限らないかもしれません。

薬の効果が高ければそれで良いということではなく,知らず知らずのうちに潜んでいる危険もあります。

自宅の在庫や販売価格によって,使用する農薬も変わってくると思います。

今回,キャベツやハクサイなどアブラナ科に属する野菜に使用される農薬を挙げて,

それぞれの特徴や注意すべき点などについて解説します。


 

キャベツや白菜などアブラナ科野菜に対して使用できる農薬を以下にいくつか紹介しています。

 

微生物農薬

 

BT剤

有機農作物の栽培に使用できる農薬として,ゼンターリ顆粒水和剤などがあります。

 キャベツでは,ヨトウムシ,ハスモンヨトウ,

ハクサイ ではアオムシ,コナガ,ヨトウムシの発生初期に散布することで駆除します。

その他の野菜類にも広く使えます。

しかし,

これからは大峠の時代ですので,これ以上,農薬や除草剤などの化学物質で土や水,大気を汚染し,

植物を含めた生き物を殺めることはやめるべきだと最近強く感じています。

まもなく他の動物たちと共存・共栄することが必要となる世の中が来るという話があります。

ご存知でない方は,ぜひ調べてみられてください(⇒#セレクション#大峠とは#最近の情報

各リンクから)。

取返しのつかないことにならないためにも,生命により安全かつ地球環境により良い方法をとるよう

心がけたいものです。

 

 

化学合成農薬

 

ホームセンターや園芸店などで扱っている農薬のほか,

ネット通販でしか扱っていない,変わった作用を示すものや,薬剤抵抗性の発達がみられない

とされる農薬もあるので主なものを紹介します。

有機リン系カーバメート系の農薬については,今回,自宅の在庫のある方を対象に記しておりますが,

ここでは触れていないネオニコチノイド系もあわせ,有機リン系カーバメート系の農薬は

ヒトや生態系への影響の度合いを考えると賢明な方は使用を避けるべきです。

これらの農薬に対して危機意識をもつ方が次第に増えてきています。

それ以外の系統の農薬でも,人体や水生生物などに対して影響がないわけではないため,

注意が必要であることには変わりありません。

以下,農薬の系統ごとに紹介します。

 

1.有機リン系

 

ホームセンターなどでよく見かける農薬に,オルトラン水和剤やマラソン乳剤があります。

これら2つの有機リン系殺虫剤は,中毒症状を引き起こす場合も考えられますので,

取り扱いに十分な注意が必要です。

なお,アブラナ科野菜にスミチオンは薬害が出るため使えません。

 

オルトラン水和剤

オルトランは,有機リン系の殺虫剤の中でも,昆虫を除いて毒性が比較的低いとされ,世界各地で使用されて

います。

 

野菜では,キャベツ・白菜(結球アブラナ科葉菜類)のほか,

カリフラワー・ブロッコリー,チンゲンサイ・小松菜などの非結球アブラナ科葉菜類

レタス(キク科葉菜),ジャガイモ(塊茎),テンサイ(根菜類),

豆類(菽穀類)では,小豆(あずき),大豆,枝豆といった作物に使用できます。

 

これらの作物の適用害虫には,アオムシ(俗称),ヨウトウムシ(俗称)や,

ハスモンヨトウ,タマナギンウワバ,オオタバコガ,コナガなどが記載されています。

アオムシとコナガ以外は,ヤガ科に属する幼虫です。

 

適用害虫欄を見ると,学術名ではない俗称が使用されていて,その曖昧さに困ることもあるかもしれません。

農薬の適用害虫の俗称の意味とそれが使用される理由については ⇒ こちらのページ

 

マラソン乳剤

オルトラン水和剤と同様に浸透移行性がある有機リン系の農薬で,乳化油状の液体を水で薄めて使います。

キャベツや白菜には,アオムシに対して1000倍希釈で,収穫前日までに5回まで使用できます。

マラソン乳剤はアメリカで開発され,日本では65年前から使用されるメジャーな農薬ですが,

危険性を熟知して使用されている方はあまりいらっしゃらないのではないかと思いますので,

少し触れておきたいと思います。

 

マラソンは急性的な毒性が比較的低く,メジャーな農薬ですのでホームセンターなどの店員に

ヨトウに効く農薬は?と聞くと,マラソン乳剤を勧められることもあるかもしれませんが,

気軽に扱える農薬ではありません。

中毒症状を引き起こす物質や発がん性のある有機溶媒が含まれますので,

皮膚に付着したり,吸入したり,目に入ったりするようなことは必ず避け,

水生生物に対しても毒性を示しますので,絶対に下水や川へ容器の洗浄水を流してはいけません

散布した日は,妊娠されている方や小さい子どもに対して,

決して薬剤に触れさせたり,畑に近づけないよう気をつけて下さい。

体調の悪い日に使用しないのが良いと思います。

 

2.カーバメート系

デナポン5%ベイト

上記の2つの有機リン系殺虫剤とは成分の異なるカーバメート系(カルバミド)殺虫剤ですが,

有機リン剤と同様に,とくに脳の神経系において,神経伝達物質であるアセチルコリンが

その受容体に結合するのを阻害する物質を含みます。

農薬の名称にある5%は,NAC(ナック)が5%以下だと劇物扱いにならないため,

取り扱いやすいよう成分を薄めて販売されている商品と考えられます。

というのも,ベイト(bate)は,薄めるという意味があります。

NACは,急性的な毒性がオルトランとそれほど変わらないのですが,

採餌目的の野鳥や排泄目的のネコなどが,畑に散布したペレットを経口摂取してしまうと,

発がん性を示したり遺伝的な影響が出るなど,死に至る可能性もあるようです。

野鳥の異常死の事例→こちらの埼玉県のサイトを参照

畑の畝をマルチや防鳥ネットなどで覆っておくなど管理を徹底すべきといえます。

また,水生生物に対しても毒性を示しますので,川や海へ表流水が流れ込むような圃場では注意が必要です。

 

野菜では,キャベツ,白菜,および大根に使用でき,

作物の株元にパラっとまき,ネキリムシ類,ハスモンヨトウ,コオロギ,ダンゴムシに食べさせて駆除します。

石灰などのアルカリと一緒に施用すると効果がなくなる場合があるので,避けてください。

ネキリムシ類は,野菜の場合はヨトウガ,カブラヤガ,タマナヤガ,シロモンヤガの幼虫のことで,

いずれもヤガ科に属する蛾になります。

 

ネキリムシ類とハスモンヨトウでは,

粒状のものなので,キャベツなら1株に1g(約30粒)程度くらいで,

1平方メートルに3~6gの範囲内でまいて使います。

農薬の使用時期は,収穫前の日数で定められていて,作物の種類によって違いがあります。

キャベツの例では,収穫14日前まで使用可能になっています。

 

 

 

3.ベンゾイルフェニル尿素系

マッチ乳剤

マッチ乳剤は,ベンゾイルフェニル尿素系の昆虫成長制御剤で,

昆虫のキチン質の合成を阻害して脱皮を不能にする作用がある殺虫剤です。

神経系を阻害する物質ではなく,急性的な毒性は上記の農薬と比較するとかなり低く,効き目の長い農薬です。

チョウや蛾などの幼虫の孵化や成長するたびに行われる脱皮などを阻止することが期待されます。

 

主な適用害虫

キャベツ・・・コナガ,アオムシ,ヨトウムシ,ハスモンヨトウ,ハイマダラノメイガ

白菜大根非結球アブラナ科葉菜類・・・コナガ,アオムシ

 

このほか,色々な野菜類や花卉類などに使用可能です。

やっかいなハモグリバエにも効果を示す作物もあります。

大根やサツマイモなどの根菜類,ワケギなどでは,収穫前の日数が2週間以上と長くなっています。

 

 

 

4.ジアミド系

フェニックス顆粒水和剤

 

フェニックスに含まれるフルベンジアミドが,

チョウ目に属する昆虫(チョウや蛾)のみのリアノジン受容体に選択的に作用するといわれる殺虫剤です。

薬剤抵抗性害虫にも効果が高く効き目の長い,人気の高い殺虫剤とのことです。

フルベンジアミドでも,哺乳類の経口摂取による急性毒性は存在するようですが,

マラソン乳剤よりも低いほうに入ります。

主な適用害虫

キャベツ・・・ヨトウムシ,アオムシ,ハイマダラノメイガ(いわゆるシンクイムシ),コナガ,ウワバ類など

白菜・・・ヨトウムシ,アオムシ,コナガ,オオタバコガ,ハスモンヨトウなど

ブロッコリーカリフラワー・・・ハイマダラノメイガ,ヨトウムシ,コナガなど

チンゲンサイ・・・コナガ,ハスモンヨトウ

非結球アブラナ科葉菜類・・・コナガ

このほか,レタス,ネギ,ニンジンなど色々な野菜類や花卉類などに使用可能です。

 

同じジアミド系のものに,プレバソン フロアブルという農薬もあります。

 

5.その他の化学合成農薬

プレオ フロアブル

 

別名がピリダリル水和剤です。

ピリダリルを含み,この物質の急性的な毒性はかなり低いです。

フロアブル(flowable)というのは,微粒子が水に分散して懸濁した状態のものをいいますが,

水和剤として扱われています。

チョウ目(チョウや蛾)や,アザミウマ目の昆虫に対して食毒,皮膚への接触毒として働き,

若齢だけでなく,中齢~老齢幼虫にも高い効果を示す殺虫剤で,

他の系統の農薬に対して薬剤抵抗性のある個体に対しても効果を示します。

主な適用害虫

キャベツ・・・ヨトウムシ,アオムシ,コナガ,ハイマダラノメイガ(いわゆるシンクイムシ),ウワバ類など

白菜・・・ヨトウムシ,アオムシ,コナガ,オオタバコガ

大根・・・ヨトウムシ,アオムシ,コナガ

カブ・・・ハスモンヨトウ

非結球アブラナ科葉菜類・・・コナガ,ハスモンヨトウ

 

このほか,キャベツや白菜などに使用できる昆虫の呼吸阻害剤として,

・ マクロライド系アニキ乳剤

・ ピロール系コテツ

という農薬がありますが,急性毒性が上記の3~5の系統の農薬よりも際立って高めといえます。

 

 

農薬や除草剤を使えば,あまり手間をかけずにきれいな野菜を供給できて合理的のようにみえますが,

これからの時代は,これまで常識と思っていたことがほとんど通用しない世界へと変わっていくでしょう。

最近,テレビでもよく耳にするようになったSNS(エスエヌエス)やYouTube(ユーチューブ)ですが,

中にはトラブルを避け視聴者に不安を煽らないように,やさしくおぼろげに発信される方がほとんどですが,

実は,世界では終末が近づいたといわれ,セレクション大洗濯の時代といわれています。

これからは様々な天変地異,災禍などが頻発するとされています。

これらの情報(上の各リンクから)は,それぞれ時代の全く異なる別々の分野ですが符合する点があります。

これまで自然や生態系を壊しつづけてきた見返りとして因果応報ともよくいわれますが,

逆にヒトがせんたくされる時代が到来したといっても過言ではないようです。

これは宗教でも陰謀論でもなんでもないように思います。

地球環境は想像以上に深刻な状況といってよく,これからの時代を生き抜くためには

一切の自然環境の破壊や農薬・除草剤,合成洗剤・柔軟剤など身の回りの有害化学物質の使用を止め,

健全な生活スタイルに改めることが推奨されています。

押しつけも良くない事ですが,この一刻を争う時に,何を馬鹿なことを!多くの人がやらないと意味ないよ!

などと理由をつけて現実から目を背けたり,ヨガなどスピリチュアル系の勉強ばかりをして見栄えの良い

便利で快適な生活を求め現実から逃げていては,今の危機的な状況がさらに悪化するばかりです。

頭から否定するのではなく,まずは自ら調べてみて情報の取捨選択をしっかりと行うことが大事だと思います。

パソコンや携帯電話に詳しくない方でも調べられますので,SNS(←クリックするとこのページへ飛びます)

のほか,ニコ動YouTube動画の検索窓に色々とキーワードを入力(複数並記可)して情報収集されてみて下さい。

 

自然農法など自然をできるだけ改変しない栽培の仕方が一番良いというのは言うまでもないのですが,

気温の高温化で昆虫が繁殖しやすくなる中,なかなか妥協できる方も少ないと思います。

これが良いとはいえませんが,いろいろと葛藤するなかで防虫ネットの利用など今すぐにでもできること

をやっていきたいと考えています。

今後,来たる危機に早く気付きを得て,よく考え少しずつでも備えておきたいものですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。