まだ小さいアボカドの木に防寒対策をする

みかん山の空いた土地に植え足しているまだ小さいアボカドの木。

クスノキ科で山で普通に茂っているタブノキと近縁だそうです。

アボカドは,メキシコ~中米原産の熱帯~亜熱帯果樹で,

寒さにすごく弱いです。

植えている品種の耐寒気温が-6.7~-2℃でも,

まだ樹幹の細いうちは用心しないと枯れてしまいます。

今回,アボカドのために防寒対策をしました。

 

アボカド(ベーコン種)

 

 

 

アボカドに適した土壌条件

 

アボカドは,酸性土で水はけの良い土地が適していて,

みかんが育つ土地であれば・・・

という話を聞き,アボカド栽培を検討しました。

山の至る所を,土に深く刺せる土壌酸度計を使って測ってみると,

pHが5~5.5なのでちょうど良い条件でした。

 

雪が積もっている期間が数日続いて,

古い柑橘(清見オレンジ)の小枝が弱って,枯れ込んでしまったことがあります。

ですので,

雪が積もるくらい寒くなると,

大きな成木でも枝の末端付近の木質化していない部分が枯れ込むなど危険です。

それではさっそく,寒さ対策のためのあるものを作っていきたいと思います。

 

 

アボカドの若木の防寒に簡単に作れる簡易ビニルハウス

 

竹林が隣接しているので,太さ10㎝前後あるモウソウチク(孟宗竹)が

たくさん生えています。

この太い竹を伐採して,2~3mの長さに鋸で切ります。

これをハンマーでナタ鎌を打ち進めながら,縦にまっ2つに割ります。

竹の内側についている節をハンマーで取り除き,半円をさらにナタ鎌で4分割します。

そのうち1本を地面に押し付けて真ん中でぐっと力を入れて曲げていくと,

真ん中から亀裂が入り,縦方向に真っ二つに割ることができます。

これで16本の竹の棒が完成。

 

モウソウチクと竹の棒,ハンマー,なた鎌

 

この竹の棒を十字になるように地面に突き刺して,

簡易ビニルハウスの骨組みをつくります。

 

ビニルハウスの下層

 

空気の層ができるように,2重に竹枠を作りビニル袋をかぶせ,

風で飛ばされないようにクリップで留める。

雪がまだ降らない時期は,蒸れないように裾を開けておく。

これで完成です。

イノシシが来て,そこらじゅうの地面を掘り返すので,

まわりを竹柵で囲っています。

 

完成した2層のビニルハウス

 

 

 

アボカドは生活習慣病予防に効果

 

アボカド(スペイン語の発音でアボガード)は,

栄養価がもっとも高いフルーツです。

肥満や動脈硬化などに起因する様々な生活習慣病を予防する成分,

とくにオリーブの主成分であるオレイン酸が,

アボカドの中に約1割を占めています。

オレイン酸は,植物性の一価不飽和脂肪酸ですが,

似たような動物性の多価不飽和脂肪酸であるEPAやDHAが,

青魚にも含まれていますね。

 

これらの脂肪酸は,中性脂肪やコレステロールを減らして,血液をさらさらにし,

例えば,脳梗塞や心筋梗塞を予防する効果があることは,

よく知られています。

 

アボカドには,さらに生体必須脂肪酸である飽和脂肪酸(これも大事です)や,

心臓病やうつ病などの予防に効果があるα-リノレン酸も含まれているようで,

良いことづくめの食材ですね。

 

でも,犬や猫などの人以外の動物に対して中毒症状を引き起こす

ペルシンという物質が含まれているそうなので,

何でも食べ過ぎには注意したほうが良さそうですね。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

//s3.tracemyip.org/tracker/lgUrl.php?stlVar2=1204&rgtype=4684NR-IPIB&pidnVar2=46624&prtVar2=5&scvVar2=12